​西の造幣局

​藩札・私札

泥で色付けしているので偽造しにくいと考えられ、また諸藩の蔵屋敷が密集する大阪に比較的近いという地の利もあったことから藩札・私札の注文が舞い込み、東の越前とならび西の造幣局としての役割を果たしました。